専業大家を目指す!不労所得生活を叶える!

不動産収入だけで生活する5つのポイント!不動産所得を増やす方法

ここでは「将来、不動産収入だけで暮らしたい」と考える人に役立つ情報をお届けします。不労所得生活を実現している賃貸オーナーには、5つの共通点があります。不動産に強い税理士である筆者がその内容をくわしく解説します。

目次

賃貸オーナーのうち、専業大家は約8人に1人


はじめに、不動産収入だけで生活する賃貸オーナーの割合を確認したいと思います。そもそも専業大家の割合が極端に低ければ、挑戦がムダになってしまう可能性が高いからです。

参考データとして、不動産投資家に人気の収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」の投資家アンケートの職業欄を参考にしてみましょう。このアンケートでは回答者の職業が公開されています。回答者のうち、職業を「不動産経営」と書いているのは全体の13.3%です。

(出所:健美家「第13回不動産投資に関する意識調査」)

つまり、不動産投資家の約8人に1人が家賃収入を主体に生活している専業大家ということになります。この割合を「実現可能」と見るか「不可能」と見るかは人それぞれですが、数千人に1人、数万人に1人という夢のような話ではないことは確かです。

実際に、当税理士事務所のクライアントにも専業大家の人はいらっしゃいます。本気で目指されるのであれば、挑戦する価値はあるのではないでしょうか。

専業大家を目指すなら、「不動産所得」に着目すべき

不動産収入だけでの生活を目指すなら、増やさなければならないのは「賃料収入」でなく「不動産所得」です。この部分を勘違いしてしまうと、不労所得生活は実現できません。

不動産所得は、「賃料収入−経費」で算出されます。経費の主なものは次の通りです。

  • 減価償却費
  • 税金(固定資産税・不動産所得税・事業税など)
  • 物件状態を維持するリフォーム費用
  • 委託管理費
  • 損害保険料
  • 投資用ローンの利息部分
  •  など

たとえば、1室あたり100万円の年間賃料収入があって、40万円が年間経費なら不動産所得は60万円です。この不動産所得が増えるほど「不動産収入だけでの生活」の実現が近づきます。

「不動産収入だけでの生活」を実現するための5つのポイント


不動産収入だけの生活を実現している人には、次の5つの共通点があります。

  1. 一棟物件を所有している
  2. 空室対策を徹底している
  3. 収益物件のメンテナンスを怠らない
  4. 信頼できるビジネスパートナーがいる
  5. 不動産所得を増やすことを重視している

これら5つのポイントのうち満たしている数が多いほど、不労所得生活を叶えやすいといえるでしょう。

ポイント1:一棟物件を所有している

不動産収入だけで生活するには、ある程度の経営規模が必要です。たとえば区分マンションを1部屋所有するだけでは、それだけで生活ができるほどの所得を得ることはできません。

一般的に考えれば、不動産収入だけで生活するには、最低でも数十万円のお金が必要です。参考までに、総務省統計局の家計調査(令和2年度)によると、平均消費支出は月に24万4500円です(総世帯の場合)。不動産所得だけでこれくらいのお金をまかなうためには、一棟物件のマンションまたはアパートを所有することが前提になるでしょう。

区分マンションでもたくさんの部屋数を確保するのは不可能ではありません。しかし、物件を探す手間やスムーズな融資を考えると、一棟物件を所有した方が効率的です。区分マンションの選択は「副業をしたい」「老後年金にしたい」などの目的の場合はよいのですが、専業大家を目指すのであれば不向きといえます。

ポイント2:空室対策を徹底している

せっかく一棟物件を所有していても、複数の部屋で長期空室が発生すれば、不動産収入だけでの生活は難しくなります。そのため、専業大家をずっと続けている人は、空室対策を徹底しているのが特徴です。具体的な空室対策としては、下記の選択が考えられます。

  • 立地のよい収益物件を購入する
  • サブリースを利用する
  • 満室保証を利用する
  • 家賃保証を利用する
  •  など

上記のサブリース・満室保証・家賃保証の違いについて補足したいと思います。

1つ目の「サブリース」とは専門業者や管理会社が部屋を借り受けてくれる仕組みです。契約期間内は空室リスクがなくなります。2つ目の「満室保証」は一定期間内に入居者が決まらなければ、それ以降の空室期間は家賃を保証してくれる仕組みです。そして3つ目の「家賃保証」は滞納が発生した際、家賃分を保証会社がカバーしてくれます。

ポイント3:物件の適切なメンテナンスをする

アパートやマンションは築年数が経つほど、家賃下落と空室のリスクが高まります。不動産収入だけで生活している賃貸オーナーは、これらのリスクを軽減するために物件のメンテナンスをこまめにしている人がほとんどです。

必要なメンテナンスとは具体的に、屋根や外壁の塗り替え、エアコンや給湯器など住宅設備の交換、共用部の床や壁の補修などです。なお、これらを適切に実行していくには、将来のメンテナンス計画を立案し、その内容に沿って不動産所得の一部をストックしていく必要があります。

ポイント4:信頼できるビジネスパートナーがいる

長期的に成功している賃貸オーナーに共通する傾向としては、安定経営を実現するための専門家チームを持っていることも挙げられます。それぞれの分野(管理会社、客付け会社、工事会社、税理士など)で信頼できるパートナーを選び、それをチームとして機能させているイメージです。

ただし、チームづくりは一朝一夕ではできないことです。数多くの業者と会って、実際に仕事をしていくなかで信頼関係を築いていくしかありません。

ポイント5:不動産所得を増やすことを重視している

不動産投資のよくある失敗は、不動産所得を増やすはずがローン残債ばかり増やしてしまうというものです。数十年先の老後資金が目的であればそれでもよいかもしれません。しかし、不動産収入での生活を目指すのであれば、あくまでも不動産所得が重要です。

「不動産所得」を増やしていくための方法


先に紹介した5つのポイントのうち、「不動産所得を増やすことを重視している」はとくに重要です。そのため、さらに深掘りしたいと思います。不動産所得を増やす具体的な方法には次の3つがあります。

  1. 高利回り物件からはじめる
  2. ローン負担を軽くする
  3. 減価償却が終わった物件を売却する

方法1:高利回り物件からはじめる

はじめに購入する1棟目が低利回りだと、その後の新規融資で不利になり、規模拡大が進みにくくなります。これを回避するため、賃貸経営の目的が「不動産収入による生活」の場合は、高利回り物件からはじめるのが無難です。

一般的には、「東京都心部<政令指定都市<その他の地方」の順で高利回りの傾向にあります。ちなみにエリア別の利回りの相場は次の通りです。

  • 東京都心部:3〜9%
  • 政令指定都市:7〜12%
  • その他の地方:10%〜

さらに同じエリアでも、築年数が経つほど高回りの傾向が強まります。一方で、高利回りになるほど空室リスクが高まるのが普通です。利回りと空室率のバランスを考えながら、エリアや築年数を選定していく必要があります。

方法2:ローン負担を軽くする

不動産収入を増やすには、ローン負担を軽くする視点も欠かせません。そのためには、以下を意識するべきでしょう。

  • 低金利で融資を受ける
  • 頭金を増やす
  • 返済期間を長くする

上記のうち、「返済期間を長くする」については補足があります。不動産収入だけでの生活が数十年後など、ずっと先に叶えばいいという考え方であれば、返済期間を長くして月々の返済額を減らした方が「年間の不動産所得」が増えます。

ただし、 出来る限り早い段階で不労所得生活を実現したいのであれば、上記のうち1と2を重視して「トータルの不動産所得」を増やす方がよいでしょう。

方法3:減価償却が終わった物件を売却する

ときには所有物件の節制効果がなくなった段階で売却し、新規物件に入れ替える施策も必要でしょう。これにより、不動産所得の安定または増加が可能になります。物件の売却時期としては「減価償却期間が終わるタイミング」が考えられます。減価償却費を計上できなくなると経費が少なくなるため、必然的に不動産所得が減少してしまうからです。

ちなみに不動産投資において減価償却費を計上できる期間(耐用年数)は、以下のように定められています。

  • 木造モルタル造:22年
  • 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造:47年

中古の木造アパートを購入した場合は、耐用年数の残存期間が意外にないケースも多いので出口戦略(売却タイミング)を明確にした上での購入が必須となります。
※国税庁では、中古資産の耐用年数の独自の計算方法を定めています。

確定申告・法人化・相続税対策…税理士の存在が必須


付け加えると、不動産収入による生活を目指すなら「不動産に強い税理士を見つけること」も欠かせないポイントでしょう。

5つのポイントでお話したように、不動産収入での生活を実現するには、賃料収入の多い一棟物件の所有が必須です。ただ一棟物件は経営規模が大きいため、確定申告に関連する業務が多くなります。そのため、税理士の存在が不可欠なのです。物件の売買契約をする前後など、早い段階で不動産分野に強い税理士を見つけておくと安心です。

また、不動産収入での生活を考えるなら、適切な段階で法人化するケースもよくあります。ビジネスパートナーに経験豊富な税理士がいれば、適切なタイミングを見極めやすいです。さらに一棟物件を所有すると、将来的には相続税対策も必要です。この対策は早めに着手すると節税効果が高くなるケースがほとんどです。相続税対策を考えても税理士の存在が欠かせません。

不動産に強い税理士を見つけるには、無料相談などを通して実績やサポートメニューをヒアリングするところからはじめるのがスムーズです。

まとめ

Business data analysis graph


最後に、この記事で解説してきた「不動産収入だけで生活するための5つのポイント」をおさらいしてみましょう。5つのポイントとは次の内容でした。

  • 一棟物件を所有している
  • 空室対策を徹底している
  • 収益物件のメンテナンスを怠らない
  • 信頼できるビジネスパートナーがいる
  • 不動産所得を増やすことを重視している

まず一棟物件を所有して、まとまった賃料収入があるからこそ、不動産収入による生活が成り立つという前提があります。そこに「空室対策」「適切なメンテナンス」「信頼できるビジネスパートナー」の要素が加わることで不労所得生活の可能性が高まるわけです。

そして、「(賃料収入ではなく)不動産所得にこだわること」も大切な要素でした。不動産所得を増やすための具体的な方法としては次の3つが挙げられました。

  1. 高利回り物件からはじめる
  2. ローン負担を軽くする
  3. 減価償却が終わった物件を売却する

ここで一番皆さんにお伝えしたかったことは、不動産投資の目的が変われば意識すべきポイントが変わるということです。何のために賃貸経営をするのか。これを明確にした上でブレない不動産投資を実行しましょう。

監修者情報

税理士 藤井 幹久 (ふじい みきひさ)

マルイシ税理士法人 代表社員税理士

専門分野: 不動産税務、相続・事業承継対策、税務顧問、セミナー講師等

不動産をお持ちの方(個人及び会社)の、税理士業務と相続・事業承継対策を専門としています。これまでに10,000件を超える不動産と相続に関する税務相談を行ってまいりました。

  • ページタイトルと
    URLがコピーされました

不動産と相続の専⾨誌
マルイシメディアの
公式アカウントから最新記事をお届けしています

マルイシメディアを
フォロー